Programプログラム

Day 1 ◆Strategy Day◆

28th, August, 2018

大きくデータ戦略を転換するために重要な議論について取り上げます。

※プログラム内容は変更になる場合がございます。

Track A

Track B

12:30 - 12:55

受付開始

12:55 - 13:00

Opening Remarks

13:00 - 13:40

Visionary Talks

一歩先のデータ戦略をデザインし、構想する2日間の冒険の始まりです。厚い壁を超えて新たな世界を構築したキーパーソンが登壇します。

13:40 - 14:20

Changing Talks - Panel DiscussionAIとデータ分析の未来 – 量子コンピュータの登場と加速する進化

現在のAIやビッグデータが「最新」でいられるのも、ほんのわずかな時間かもしれません。テクノロジーの進化がさらに加速する中で、AIやデータ分析はどう発展していくのか。AIの最先端研究に携わる東京大学・松尾豊特任准教授を迎えて、企業が生産性と競争力を高め、その変化の中でアドバンテージをとっていくためには何が必要なのかを探っていきます。

14:20 - 14:35

Networking Time

ネットワーキングタイムです。周囲の方と積極的に意見交換しましょう。

14:35 - 15:15

Changing Talks音楽で人を理解する -Spotifyのデータ活用ストーリー

いまや全世界で1.8億人ものオーディエンスが、Spotifyで音楽を毎日2時間以上も視聴しており、日々取り扱うデータ量も1.5億データポイントを超えます。
このセッションでは、Spotifyがこうした豊富なデータを元に行うよりよい視聴体験づくりと、自社ならびに出稿ブランドの広告活動でのデータ活用についてお話します。

15:15 - 15:45

Workshop #1よりエキサイティングなデータアナリティクスの世界へ

データアナリティクスの世界は過去の分析はさることながら未来予測まで領域を広げています。そんな手段としてのデータアナリティクスが"今"のビジネスにどのようなインパクトを与えるのか?豊富で精緻なデータ保有するSupership社と、様々な業界・業種で高度なデータアナリティクスを実施してきたDATUM STUDIO社の最強のタッグにより、データアナリティクスとビジネス活用方法の最前線を事例とともにご紹介します。

15:45 - 15:55

Networking Time

ネットワーキングタイムです。周囲の方と積極的に意見交換しましょう。

15:55 - 16:05

Talk #1マーケティングAIはデータから何をつかむのか?

マーケティングにAIが活用され始め、過度な期待ののちに一旦失望の淵にかかっているようです。
本トークでは、人とAIの判断それぞれのくせを実例を交えてお伝えしつつ、その元となるデータの素性(すじょう)の重要性をご理解頂き、人とAIの関係性を一緒に考える時間にしたいと思います。
この破壊的な技術の、中身でなく勘所をExecutiveの方々にご理解いただき、正しく経営戦略に組み込んで見守って頂くことこそが、日本のマーケティング業界を次世代化させるために重要と考えます。

16:05 - 16:15

Talk #2目的から考えるデータ活用戦略

デジタル・マーケティングにおいて多くのデータ活用、基盤活用が導入時の期待値を満たすことができず「幻滅の窪地」に陥るのはなぜでしょうか?理由は簡単です。仕組みドリブン、テクノロジードリブンで、目的ドリブンではないからです。本プレゼンテーションでは、データ活用への取り組みを失敗で終わらせないために考慮すべき「目的と戦略の独自性」、そこに求められる「エグゼクティブ層のコミットメント」について、お話しします。

16:15 - 17:05

Panel Discussions人々の心を動かすデータの活用

小売業におけるデータの活用法を、セールスのみならず、行動心理や脳科学など様々な角度から具体例を交えて議論します。

17:15 - 18:30

One-to-One

15分間の一対一での商談を計3回実施します。事前に専用フォーム上にてご希望の商談相手をご回答いただきます。※受付フォームは開催約1月前を目途にオープン、参加者あてに告知いたします。

One-to-One

18:30 - 19:30

Networking Dinner

晩夏の雰囲気を楽しみながら、コミュニケーションを深めるネットワーキングタイム。今日得た発想を交換しあい、昇華させ、2日目さらに議論を深めるために意義深い時間となるでしょう。